マミー存在の不妊の原因の一つに、多嚢胞性卵巣症候群があります。卵子を包んであるバッグのことを卵胞と言いますが、通常は28日光間隔でグループだけ卵子が成長します。卵子の練習によって、これを包み込んでおる卵胞も成熟して激しく発達します。排卵日光によって成熟した卵胞から腹いっぱい成長した卵子が飛び出してくるので、排卵が起こるのです。しかし、多嚢胞性卵巣症候群のマミーの卵巣では、本来一部だけの成長するはずの卵胞が何個も出来ている状態になっています。これでは卵胞が成熟できませんし、正常な排卵は起こりにくくなりますから、不妊へと向かうに関してなのです。マミーの約1割は多嚢胞性卵巣症候群と言われているので、あんまりマイナーな疾病ではありません。
多嚢胞性卵巣症候群か取り調べるには、生理狂乱がないかやエコーでネックレス証がないかを調べます。主な変調は、排卵不順による無生理や月経不順のほか、太り過ぎや血糖成果の増加などが挙げられます。肥満になると蓄積される健康脂肪にメンズホルモンやマミーホルモンが増えていくので、ホルモンの分泌のバランスが崩れてしまう。二度と太り過ぎだとインスリン成果が高くなり、このことが排卵動作の退廃をもたらします。
しかし、仮に多嚢胞性卵巣症候群であっても排卵触発剤として受胎しやすくすることは可能ですし、生理を改良させるための薬もありますから、先生と共に向き合っていくことが大切です。ブログ