イヌリンという原材料はいまひとつ聴きなれないかもしれませんが血糖数値の伸びを切り詰め、中性脂肪を減少させるなど習慣病気や糖尿病気プロテクトに効果的な原材料として海外でも研究されている原材料です。そのイヌリンが多く含まれているのが「菊芋」という野菜で、同じ芋もジャガイモなどとは異なりデンプンの代わりにイヌリンという食物繊維や、腸内環境にも役に立つ高分子多サッカリド(フラクトオリゴ糖という吸収されない糖)を豊富に含み健康維持に危険効果的な野菜です。また、腸内環境を合わせる反応により便秘を解約させてくれますので代謝を伸長させ、血糖数値の伸びを抑え中性脂肪を減少させることにより脂肪が付きがたく太りにくい慣例にも変えてくれダイエットや太り過ぎプロテクトにも最適な野菜です。ですから毎日の料理の際に1タイプ菊芋による内容を取り入れるだけで知らず知らずのうちに痩せやすい体調としてくれますし、炭水化物の吸収を抑えてもらえるます。そんな菊芋の食べ方としては、皮をむいて単にスライスしサラダや漬物、酢漬けも嬉しいですし、千切りとしてキンピラにしたり、ジャガイモのように煮っ転がしとしてごはんの惣菜にするのも良いでしょう。他にも火を通すとポカポカの口当たりになるので潰してポテサラにしたり、グラタンやポタージュにすると糖分スペシャル時においても気にせず食べられおすすめです。また生の菊芋が手に入らない顧客には最近はお茶人間の物やパウダー人間の物も販売されていますのでそういった物を利用すると直ちに続けられます。参照サイト